充 填 装 置 






  製袋時間は落とさずシール時間は“2倍”に!

既製品をRyogaする“高品質”

ロールアジャスターと縦プレヒート機構の採用で、他に追従を許さない安定したシールを実現しました。

高速充填時(200袋/分)の夾雑物噛み込み不良を改善。
熱が伝わりにくく、充填スピードが上げられないアルミフィルムでの高速充填(200個/分)を可能にしました。

シール温度が低い為、フィルムの薄肉化、コストダウンが可能になりました。


既製品をRyogaする“作業性”

片持ち縦ロールの採用、大きな背面 メンテナンスドアの採用で圧倒的に広いメンテナンス・エリア。

引き出し可能なノッチ機構、ワンタッチ着脱可能なミシン目カッター一体型ユニット、エア抜きユニットで楽々清掃。

原反ロールにエアシャフトを採用、人手によるフィルム固定が不要になりました。
別売の専用フィルム台車で、フィルム交換が楽にできます。


高生産を可能にした最新技術の集大成!!

縦シールプレヒート機構
(特許申請中) 
熱風式
 ノッチユニット
 (特許申請中) 
 引き出し可能
 操作パネル 
 操作性を継承
 エアー抜き装置
 着脱式
       
 
ロールアジャスター機構
(特許申請中) 
シール時間が倍に!
 原反ロールエアシャフト
 (特許申請中) 
 着脱がボタン一つで可能
 カッターユニット
 (特許申請中) 
 ミシン目、カッター一体型
 着脱式

 適用例
 食品  ラーメンスープ  フルーツソース  タレ
 とんかつソース  ギョウザのタレ  麺つゆ
 ケチャップ、マスタード等の2液充填

ロールアジャスト機構説明図 〈特許出願中〉

 仕   様


 横シールロール
 仕様
 4分割ロール
※ロールアジャスター機構付き
 ラインスピード
 max 40.0m/min
 シールピッチ
 70~200mm
 最大包装能力
 フィルムピッチ70m/m    450袋/分
 ※ただし、ロールアジャスター駆動時及び、充填物、フィルム条件により
  異なる場合があります。 
 充填容量 
 3~100cc/shot
 フィルム幅
 100~200mm
 制御方式
 シーケンサー
 特   長
①高生産性: ラインスピード40m/minを達成。標準仕様で
間欠充填も行える。
②操作性 : 固定式タッチパネルは大画面 多機能。
各種微調整は操作パネルのピアノスイッチで
簡単操作 (充填量は0.1cc刻みの微調整が可能)。
③高品質 : ロールアジャスターの採用と縦シールプレヒート機能の標準採用により他の追従を許さない安定したシール。
④作業性1 : 機械背面にもメンテナンスドアを設置。
片持ち縦ロールの採用により圧倒的に広い
メンテナンス・ エリアを確保。
⑤作業性2 : 引き出し可能なノッチ機構、ワンタッチ着脱可能な
ミシン目+カッター一体型ユニットの採用。
⑥作業性3 : エアーシャフトの採用と低い原反位 置で
フィルム交換が楽。
フィルムセンター出しもワンタッチ操作 。
 電   源
 三相200V 消費電力4.0KVA
 エアー消費量
 10NL/min(別 途エアードライヤー要)
 本体寸法
 幅1,450×高さ2,370×奥行850mm
 本体重量
 1,000kg
 オプション

 1.モーノポンプ 2.チューブポンプ 3.アッパーカバー  
 4.フィルム自動継ぎ装置(販売予定) 
 5.専用原反フィルム台車 6.プリンター 7.リジェクター




ホーム新商品紹介パッケージ充填装置異物選別装置クリーン・物流装置合理化システム デザイン部門OEM事業